fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

コンソールサーバとは

典型的なコンソールサーバは、いくつかのシリアルポートを持ち、そこから各種機器(サーバ、ルーター、スイッチなど)のシリアルポートに接続します。そのように接続された機器のコンソールへのアクセスは、コンソールサーバに対してモデム経由でシリアル通信接続するか、ネットワーク経由でTelnetやSSHのような端末エミュレータソフトウェアを使って接続します。これにより、遠隔のユーザーが各種機器のコンソール操作が可能になります。

 

コンソールサーバのメリット

コンソールサーバにより、IT システムの高い利用率と業務の継続性を確保し、時間と費用を節約します。リモート管理とトラブルシューティングにより停電後の迅速な復旧が可能で、問題に対処するため現地に人を派遣する必要がなくなり、時間と出張の追加コストを節約できます。

オープンギアのコンソールサーバーでできること

・WAN/LAN による有線ネットワーク、WiFi 経由のリモートアクセスにより各種機器のコンソール操作ができます。

・リモートネットワークがダウンした場合にも、Failover to Cellular™により、4G LTE に切り替え、継続したリモートアクセスを提供し、継続した運用を可能にします。

・Lighthouseソリューションで、ITインフラストラクチャのOut-Of-Band管理(帯域外管理)の一元化を可能にし、複数の拠点を一人の管理者で対応することができるようになります。

・温度、湿度、煙、動き、水の存在を検出し、異常があった場合に管理者へ警告することができます。

Out-Of-Band管理(帯域外管理

Lighthouse集中管理

ネットワーク全体のクリアビュー

Lighthouseプラットフォームは、ITインフラストラクチャのアウトオブバンド管理を中央化し、重大な故障が発生した場合にも高いレベルのレジリエントアクセスと可視性を保証します。

  • Opengear SmartOOB™ デバイスとサードパーティのコンソールサーバーのための中央ネットワークハブと管理ポータル
  • スケーラブルな管理と自動化 – Day Oneプロビジョニングから定型動作、障害回復まで
  • リモートWAN、LANの健康状態やステータスに左右されないシームレスな常時接続
  • 集中型、安全、エンドツーエンドのアウトオブバンド管理
  • 接続方式にこだわらない名称別管理デバイスへのアクセス
  • ファイアウォールのトンネル、キャリアNATおよびLighthouse VPNによるフェイルオーバー

データシート

NetOps Automationプラットフォーム

ネットワーク運用ワークフロー自動化

Opengear NetOps Automation™プラットフォームは、NetOpsワークフローのための集中管理ソリューションを提供し、 中央拠点からのネットワーク管理を可能にしながら、データセンターフロア、またはネットワークエッジでの人的オペレーションの必要性を最小限に抑えます。

NetOps Automationプラットフォームは分散型Opengear装置のネットワークに内蔵され、新しいOM2200 Operations Managerを採用し、各企業拠点でのプレゼンスおよびプロキシミティを提供します。各装置は特殊な機能性を持つコンテナ化されたNetOpsモジュールを搭載するLighthouseソフトウェアインターフェースによって管理され、これによってビジネスプロセスの抽象化、導入、自動化を容易にします。

これらのモジュールにより、アウトオブバンド管理の枠を超えた機能性が可能となります。これには遠隔インフラストラクチャの簡単な配置やLogzillaモジュールによるイベント管理を目的とした安全プロビジョニングを含みます。

お問合せ

ページトップ