Microsoft クラウドソリューション

顧客に最新のテクノロジーを提供することで、働き方改革を推進しましょう。

2つのビジネスモデルにおける違い​

シンプルで、サポートが手厚く、コスト削減を叶えられるビジネスモデルを選びませんか?​


Microsoft CSP(クラウド ソリューション プログラム)でライセンスを販売するには、Microsoftと直接契約する「ダイレクトCSPパートナー」、もしくはディストリビューターを介した「インダイレクトCSPリセラー」としての販売する2つのビジネスモデルがあります。


ダイレクトCSPパートナーとしての販売では、販売、課金請求、継続的な顧客サポート、カスタマーマネジメント等を行っていただく必要があり、販売にあたって、多額の投資が必要です。さらにMircrosoft社の審査や販売ノルマがあります。​



対してインダイレクトCSPリセラーの場合は、ディストリビューターにプリセールスとアフターセールスのサポートをしてもらうことができ、便利なポータルサイトとプロビジョニングツールを利用できるので、簡単かつスピーディーに販売することが可能です。ダイレクトCSPパートナーのように投資は必要なく、すぐにでも販売が開始できます。シネックスのグローバルディストリビューターとしてのネットワークの広さを利用し、パートナーの皆様は多くのソフトウェア・ハードウェアメーカーと繋がり、顧客のニーズに合ったソリューションを作ることもできます。

SYNNEXだからできること

シンプル

販売パートナーの皆様は、シンプルなフローで価格・請求処理・支払い形式・サブスクリプションのコントロールをし、顧客には請求書の送付をするだけで Microsoft 365 を利用していただくことができます。

サポート

マイクロソフトのクラウドパートナーポータルとアフターセールスのサポートが、24時間365日利用でき、プリセールスの皆様とマイグレーション担当者様に対し、分かりやすい技術サポートを提供します。

利益

毎月の定期収益はビジネス成長に役立ちます。サポートとプランによっても変わりますが、Microsoft 365の販売パートナー様の利益率は、米国本社SYNNEX Corporation のデータで、米国で平均して9~16%となっています。

お問い合わせ

ページトップ