Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

社員インタビュー

PM1部
部長

製品の「需要と供給」を見極め、自社の利益を最大化するプロダクトマネジメントの奥深さ。

2007年入社
Y.Y 

Interview 1

柔軟な発想や高い情報感度が求められるプロダクトマネジメント

私が担当しているのは、プロダクトマネジメントです。TD シネックスは、ディストリビューターとして、ベンダーと販売代理店をつなぐ役割を担っていますが、プロダクトマネジメントはまさにその両者の中間に立って、様々な戦略を立案する仕事です。

なかでも、私が所属するPM1部はクライアントPCやディスプレイなどのデバイスを取り扱う部署です。様々なPCベンダーから、どの製品をどのくらい販売したいかといったニーズを聞き取り、目標達成を目指します。

ここで大切になるのが「需要と供給のバランス」です。市場予測をせずに大量の製品を受け入れてしまえば、過剰在庫となり、大きな損失を出すことになります。しかし、かといって仕入量を抑制していると、欠品を招くこととなりこちらも損失につながります。そのため、私たちは適切な需要量を見極めたり、新たな需要を作ったりしながら、利益を最大化していかなければならないのです

そのなかで特に重要なのが、販売戦略の立案です。販売戦略は、PCベンダーと協力して立案するのですが、その手法は多岐に渡ります。販売代理店向け、エンドユーザー向けの独自キャンペーンの立案や新たな販売代理店の開拓、WEBサイトやSNSでのPRなど、実に様々なチャネルやツールを用いて、戦略を練っていきます。そのため、プロダクトマネジメントには、IT製品への理解はもちろん、柔軟な発想や高い情報感度などが求められます。

Interview 2

「何ができないか」より「どうすればできるか」を大切にする

私は2007年の新卒入社以来、現在までプロダクトマネジメントを担当しています。

入社当初は、プロダクトマネジメントを「効率よく仕入れて、効率よく売り切る」といった、比較的、単純な仕事だと捉えていました。そのため、ベンダーからの要望であっても、社内の体制やリソースの問題で実現が難しいものには、「お応えできません」とご回答していました。そのほうが余計な労力がかからず、結果として、ベンダーの利益になるだろうと思っていました。

しかし、そうした考えは、経験を重ねていくなかで、次第に変化していきます。プロダクトマネジメントに重要なのは、「何ができないのか」といった判断を下すことではなく、「どうすればできるのか」といった模索を続けることにあると思うようになったのです。

特に、TD シネックスは、グローバルなネットワークを有しており、世界中の多種多様な製品を扱っています。また、挑戦を奨励するカルチャーもあるため、同業他社に比べてもベンダーにご提案できる施策の幅は広いはずです。そうした環境にも関わらず、「できないことはできない」と決めてかかるのは、自ら可能性の芽を摘んでいるに等しいです。

そう考えるようになって以来、プロダクトマネジメントの仕事が、それまで以上にやりがいに溢れたものとなりました。ベンダーが示す「ゴール」に、どのような道筋で向かっていくのか。その答えを、悩みながら作り上げていくことが、現在の私にとっての最も大きなやりがいです。

Interview 3

部長就任後、世界的ベンダー社のパートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2020年、私はチームマネージャーを経て、PM1部の部長に昇任しました。それまでは、特定のベンダーの製品を担当していましたが、部長就任後は、TD シネックスが取り扱うすべてのクライアントPCやディスプレイを担当することになります。

クライアントPCやディスプレイの市場において、TD シネックスのシェアはまだまだ限定的です。そこで、同市場における認知度向上やシェア拡大を図るため、私はクライアントPC、ディスプレイと他の製品とを組み合わせる施策を推進しました。例えば、クライアントPCとクラウドを組み合わせ、複合ソリューションとしてご提供。社会的なクラウド移行のトレンドにマッチした施策で、クライアントPCの販売促進を狙いました。

その結果、部署内の売上は向上。さらに世界的なITベンダーであるM社の「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、大きな成果を挙げることができました。部署を率いる身として、こうした実績は大きな誇りになっています。

現在の目標は、チームメンバーの育成や、さらなるソリューション開発を通じて、継続的な成果を挙げ、TD シネックスのディストリビューターとしての存在感を、より大きなものにすることです。今後もTD シネックスグループのネットワークを活用し、日本が挑戦できていない分野へ手を伸ばしながら、新たな取り組みに全力を注いでいきたいと思います。

Schedule

一日のスケジュール

  • 出勤
  • 売上数字の確認
  • 在庫の管理
  • 昼食
  • ベンダーとの定例会(週に1回ほど)
  • 社内打ち合わせ
  • 退勤(リモート時は退勤後、休憩を挟み業務を行うことも。)

ページトップ