企業の海外展開を支援する SD-WANサブスク提供で「Aryaka」(アリアカ)と協業

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Microsoft、Google 等クラウドのパフォーマンスを向上させるサービスを提供開始

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、Aryaka Networks,Inc.(本社:米カリフォルニア州 CEO:Matt Carter 以下、「Aryaka」)と協業し、本日4月6日(火)より全国のチャネルパートナー経由で、SD-WANのサブスクサービス提供を開始する旨発表いたします。 
詳細はこちら

(図1)Microsoft SD-WANによるクラウドファースト アプローチ

Aryakaとの提携に至った背景
テクノロジーの進化とデジタル化社会の進展から外部環境が大きく変化するなか、企業がビジネスを素早く展開するには、インフラ及びアプリケーションの自社管理を不要とするクラウドの存在が欠かせません。

誰もが場所を問わない働き方を実現するために、Microsoft 365Google Workspace等パブリッククラウド利用を前提とし、モバイル端末からのアクセスもスムーズに行える環境整備が企業として不可欠です。しかし、ここで課題となるのは、ネットワーク構成の頻繁な変更・パフォーマンス低下の多発リスクです。

このような課題解決のためのソリューションとして、かねてより企業のクラウドシフト支援を行ってきたシネックスジャパンは、従来SD-WAN(ソフトウェア定義型の広域ネットワーク)提案・導入支援に注力し、特に大規模環境向けに展開してまいりました。

しかし、上述したクラウド需要が企業の海外展開需要に拡大している点を踏まえ、マルチクラウド接続のパフォーマンス課題解決にも、グローバルなネットワークで圧倒的な品質担保も可能な点、および、一般的に専門知識が必要なSD-WANを容易に導入できるサブスクサービスを提供する点を評価し、Aryakaとの提携に至った経緯です。

(図2)Aryakaの提供価値

■提供するソリューション一部のご紹介
SmartConnect (マネージドSD-WAN)】とは

  • 細かい機器の設定は不要で導入が容易
  • アプリケーションを大幅に高速化(生産性を20倍に増大した事例あり)
  • サブスクリプションサービスであるため、資産としてのSD-WAN機器の購入が不要

SmartSecure Private Access (VPN-as-a-Service)】とは

  • VPN・回線・SD-WANを組み合わせたサービス
  • リモートワーク環境で、社内リソースにはVPNを使い、クラウドは直接アクセスを行う、といった使い分けが可能
  • 大幅な高速化が行え、快適なリモートワーク環境を提供可能


今回の発表に際し、シネックスジャパン 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰は次のように述べています。
2年連続でガートナーのユーザー企業評価で選出されている、Aryaka様という顧客目線にたった企業との協業を喜ばしく思います。

弊社は以前より、Work from Anywhere を安全・快適に実現させるインフラソリューションの提供を謳ってまいりましたが、今回協業はまさにその一環です。弊社を通じ様々なパブリッククラウドとあわせて、サブスクSD-WANを海外展開を積極的に行っている企業様にも手軽にご利用いただくことで、多くのビジネスマンの方々の真のWork fromAnywhereが実現するよう願っております“


Aryaka APAC 担当VP Mario Vecchio 氏は、次のように述べています。
”この度、シネックスジャパンとの協業につきまして、誠に嬉しく存じます。
現在世界各国にあるお客様の各拠点から複数のクラウドにアクセスすることはすでにコモディティ化しています。しかし接続するネットワークは高価な専用線か、体感品質を犠牲にするしかないインターネットに依らざるをえません。

弊社が提供するマネージドSD-WANは先進的な技術をネットワークアズアサービスとしてご提供申し上げます。これにより複数のクラウド接続や中国へのアクセスにおいて圧倒的な体感品質の改善が可能です。

弊社のサービスはサブスクですので事前に購入いただくものは何もありません。明日から圧倒的な体感品質で業務を行えます。生産性を高めるこれらの素晴らしいソリューションをシネックスジャパンからご提供申し上げることを楽しみにしています”


なお、4月14日~16日の期間に会場開催されるInterop Tokyo 2021のシネックスジャパン出展ブースでは、Aryakaの展示を予定しております。詳細はこちらをご参照ください。


今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。
賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。

シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2020年130位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、
https://fortune.com/company/synnex/fortune500/
をご参照ください。


Aryakaについて
Aryakaは、クラウドの概念が主流となり、SD-WANという言葉が発明されるよりもはるか以前の2009年に、ビジネスの要求に常に合致するシンプルな運用と高いパフォーマンスを提供するインフラストラクチャーを提供することを目的として、マネージドワイドエリアネットワークをアズ・ア・サービスとして提供する先見的な起業家たちにより設立されました。

【本件に関するお問い合わせ】
135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : pr@synnex.co.jp

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。
©2021 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ