fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

SYNNEX Corporation 2019年第4四半期および2019年通期の業績を発表

FY2019/Q4決算公告】                 

 

〇第4四半期売上高:6,581百万ドル

・前年比18.7%増

GAAPベース(2019年会計年度第4四半期)

 

2019年会計年度

第4四半期

2018年会計年度

第4四半期

対前年同期比

 

売上高

6,581百万ドル

5,544百万ドル

18.7%増

営業利益

268.3百万ドル

200.9百万ドル

33.5%増

営業利益率

4.08%

3.62%

46bps増

純利益

176.0百万ドル

115.2百万ドル

52.8%増

希薄化後1株当たり利益

3.41ドル

2.45ドル

39.2%減

 

Non-GAAPベース(2019年会計年度第4四半期)

 

2019年会計年度

第4四半期

2018年会計年度

第4四半期

対前年同期比

 

営業利益

338.5百万ドル

267.8百万ドル

26.4%増

営業利益率

5.14%

4.83%

31bps増

純利益

219.6百万ドル

173.6百万ドル

26.5%増

希薄化後1株当たり利益

4.26ドル

3.69ドル

15.4%増

 

2020年1月9日、米カリフォルニア州フリーモント(FREMONT, Calif.)発表

米国SYNNEX Corporation(本社:米国カリフォルニア州フリーモント、取締役 プレジデント&CEO:デニス・ポーク、以下:シネックス)は2019年11月30日に終了した2019年度第4四半期の業績を発表しました。

 

「当社の第4四半期の業績は、テクノロジーソリューションとコンセントリクス事業セグメントによってもたらされたものであり、並外れた年だと非常に満足している」と、シネックスのプレジデント&CEOデニス・ポークは述べています。

 

〇2019会計年度第4四半期決算概要

テクノロジーソリューションズ事業: 売上高は5,400百万ドルで、前年同期比で17.4%増でした。セグメント別収益の2.7%にあたる営業利益126百万ドルをあげた2018年第4四半期に対し、2019年第4四半期はセグメント別収益の3.1%にあたる167百万ドルの営業利益をあげました。non-GAAPベースでは、セグメント別収益の3.0%にあたる営業利益139百万ドルをあげた2018年第4四半期に対し、2019年第4四半期はセグメント別収益の3.3%にあたる178百万ドルの営業利益をあげました。

コンセントリクス社事業:2018年10月5日のコンバージズ社の買収の結果として、売上高は1,200百万ドルで、前年同期比24.7%の増加でした。セグメント別収益の7.7%にあたる営業利益75百万ドルをあげた2018年第4四半期に対し、2019年第4四半期はセグメント別収益の8.4%にあたる101百万ドルの営業利益をあげました。non-GAAPベースでは、セグメント別収益の13.2%にあたる営業利益129百万ドルをあげた2018年第4四半期に対し、2019年第4四半期はセグメント別収益の13.3%にあたる161百万ドルの営業利益をあげました。

  • 投下資本利益率は9%であった前年の第4四半期に対し、直近4四半期の投下資本利益率は8.8%でした。調整後の直近4四半期の投下資本利益率は11.0%でした。 

 

〇FY2019決算公告

<サマリー>

売上高:23,757百万ドル

前年比20.2%増

GAAPベース(2019年会計年度)

 

2019年会計年度

2018年会計年度

対前年同期比

売上高

23,757百万ドル

19,768百万ドル

20.2%増

営業利益

813.8百万ドル

550.2百万ドル

47.9%増

営業利益率

3.43%

2.78%

65bps増

純利益

500.7百万ドル

300.0百万ドル

66.9%増

希薄化後1株当たり利益

9.74ドル

7.17ドル

35.8%減

 

Non-GAAPベース(2019会計年度)

 

2019年会計年度

2018年会計年度

対前年同期比

営業利益

1,095.7百万ドル

719.7百万ドル

52.2%増

営業利益率

4.61%

3.64%

97bps増

純利益

681.5百万ドル

454.8百万ドル

49.9%増

希薄化後1株当たり利益

13.26ドル

10.87ドル

22.0%増

テクノロジーソリューションズ事業:売上高は19,100百万ドルで、前年比10.1%増でした。セグメント別収益の2.3%にあたる営業利益405百万ドルをあげた2018年度と比べて、2019年度はセグメント別収益の2.7%にあたる519百万ドルの営業利益をあげました。non-GAAPベースでは、セグメント別収益の2.7%にあたる営業利益463百万ドルをあげた2018年度と比べて、2019年度はセグメント別収益の3.0%にあたる564百万ドルの営業利益をあげました。

 

コンセントリクス社事業:2018年10月5日のコンバージズ社の買収により、売上高は4,700百万ドルで、前年比91.1%の増加でした。セグメント別収益の5.9%にあたる営業利益145百万ドルをあげた2018年度と比べて、2019年度はセグメント別収益の6.3%にあたる294百万ドルの営業利益をあげました。non-GAAPベースでは、セグメント別収益の10.4%にあたる営業利益257百万ドルをあげた2018年度と比べて、2019年度はセグメント別収益の11.3%にあたる531百万ドルの営業利益をあげました。

 

〇2020年第1四半期の業績予測

シネックスは2020年第1四半期の業績について以下のような予測を立てています。

non-GAAPベースでは合併および統合に関する費用、無形資産の償却とそれに関わる税効果の影響を除外します。以下の予測に対して、実際の結果と著しく差異が出る可能性があります。

 

売上高:5,240百万ドル~5,540百万ドル

純利益:114.7百万ドル~124.6百万ドル

Non-GAAPベースの純利益:157.3百万ドル~167.2百万ドル

希薄化後1株当たり利益:2.21ドル~2.40ドル

Non-GAAPベースの希薄化後1株当たり利益:3.03ドル~3.22ドル

無形資産償却額(税引後):36.2百万ドル(1株当たり0.70ドル)

買収関連および事業統合経費(税引後):6.4百万ドル(1株当たり0.12ドル)

 

株式配当公告

シネックスは取締役会において本四半期の配当金を1株当たり前四半期から2.5セント増加の40セントとし、配当金は2020年1月24日の営業終了時点で株主名簿に記載のある株主に対して、2020年1月31日に支払いを行うと公告したことを本日発表致しました。


シネックスジャパンについて
シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供する、米国フォーチュン500社※(2019年度158位)に選ばれているSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

※Fortune 500ランキングについての詳細な情報は、http://www.fortune.comをご参照ください。

 

コンセントリクス社について
コンセントリクス社は、米国SYNNEX Corporationの100%子会社です。プロセス最適化、カスタマー・エンゲージメント戦略、技術革新に焦点を当て、独自の変革ソリューションを活用するグローバルビジネスサービスの会社です。
コンセントリクスの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
https://www.concentrix.com/


*SYNNEX、SYNNEXロゴ、CONCENTRIX、CONVERGYSその他SYNNEX関連会社の製品名、サービス名、理念はSYNNEX Corporationの登録商標または商標です。SYNNEX、SYNNEXロゴ、及びCONCENTRIXは米国特許商標庁登録済みです。記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

*当資料は、2020年1月9日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

*財務諸表の参照は以下のWebサイトをご参照ください。
URL: https://ir.synnex.com/news/press-release-details/2020/SYNNEX-Corporation-Reports-Fiscal-2019-Fourth-Quarter-and-Full-Year-Results/default.aspx


ページトップ