fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

Phone Appliが働き方改革のために『Microsoft Surface Hub 』を導入

先進的なコラボレーションデバイスの導入で働きやすいオフィスを実現

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、株式会社Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 洋介 以下、「Phone Appli」)が『Microsoft Surface Hub 』を導入したことを発表いたします。

Microsoft Surface Hub 』はMicrosoftが開発・製造を行い当社が販売を行っている、大画面ディスプレイを備えたコラボレーションデバイスです。

 

自身も「連絡とれるくん」等コミュニケーションに着目したアプリケーション・クラウドサービスを開発するPhone Appliは、20182月のオフィス移転の際、働き方改革を意識したアウトドアオフィスをCaMPCollaboration and Meeting Place)と名付け、場所に縛られずに状況に合わせて、働く場所と働き方の選択ができるようなオフィス空間を実現しました。今回導入されたMicrosoft Surface Hub は、コミュニケーション、コラボレーションの自由度を高め、CaMPを構成し働き方改革を推進するコラボレーションデバイスとして貢献しています。

 

 

 

 

 

 

・導入ポイント

  • 「リアル」と「リモート」のギャップをなくす
  • 部門を超えて、必要な時に、自由になるミーティングスタイル
  • 時間や資源の無駄を、限りなくゼロへ
  • 働き方の可能性を広げる多彩な機能

シネックスジャパンでは、米マイクロソフト社のグローバル・ディストリビュータである米国本社SYNNEX Corporationが、『Surface Hub 』の認定ディストリビュータ契約を先に締結していたことから、日本で最初に取り扱いを開始しており、今回の事例ご紹介を含め、『Surface Hub 』導入による企業の働き方改革に貢献しています。

今回事例について、詳細は、こちらのURLからご覧ください

https://info.synnex.co.jp/l/427802/2019-09-17/2hpkqn

 

シネックスジャパンについて

シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供する、米国フォーチュン500社※(2018年度169)に選ばれているSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

※Fortune 500ランキングについての詳細な情報は、http://www.fortune.comをご参照ください。

本件に関するお問い合わせ

〒135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスジャパン株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部

e-mail : pr@synnex.co.jp  
TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

©2019 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ