【2021年10月28日(木)オンライン開催】パブリッククラウドとオンプレミスが共存?Azureが実現するインフラの最適解 ~Windows Server 2012のサポート終了問題もこれで解決~

2023年10月にマイクロソフトによるWindows Server 2012/2012 R2の延長サポートが終了します。延長サポート終了後にはセキュリティのリスクが非常に高くなります。また、インフラ基盤はPCと違い更改準備期間が必要なため、サポート終了までに新たなインフラ基盤への切り替えをおすすめいたします。

本セミナーではWindows Server 2012/R2のEOSをきっかけに次のインフラ基盤をどのように考えればいいのか、多くの企業のインフラ基盤公開に携わってきたエキスパートが解説します。

サポート終了後のインフラ基盤として、バージョンアップ、クラウドへシフト、ハイブリッド環境など選択肢が多岐にわたることでみなさまもどうすればいいのか悩んでいる方も多いのでしょうか?本セミナーではみなさまにとって最適な環境をご提案いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。お申し込みはこちらから。

【開催概要】
セミナー名パブリッククラウドとオンプレミスが共存?Azureが実現するインフラの最適解
~Windows Server 2012のサポート終了問題もこれで解決~
開催日2021年10月28日(木)
時間14:00~15:00
内容14:00~14:25 「Windows Server 2012のサポート終了に対応するAzureの活用について」
日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナー技術統括本部
シニアクラウドソリューションアーキテクト 高添 修 氏

14:25~14:50 「パグリッククラウドとオンプレミスが共存?Azureが実現するインフラの最適解 ~Windows Server 2012のサポート終了問題もこれで解決~」 

デル・テクノロジーズ株式会社 パートナーセールスエンジニアリング本部
ハイブリッドクラウド セールスエンジニア 片山 倫哉 氏

14:50~15:00 「シネックスジャパンが提案する最適なインフラ環境とは」
シネックスジャパン株式会社 第2プロダクトマネジメント本部
浜野 崇

Q&A、アンケート
申込方法リンクからご登録
参加方法①時間になりましたら、ご登録後に届くメール上に記載されたURLリンクよりアクセスください。 
②参加方法はセミナー当日にお送りするメールをご確認ください。
対象・ハイブリッドクラウドに関心がある方
・Windows Server 2012のサポート終了に対応しなければならないIT管理者
・販売代理店の皆様
料金無料(事前登録制となります)
主催シネックスジャパン株式会社
協賛/共催デル・テクノロジーズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社


ページトップ