Vade Secure

Microsoft 365環境とネイティブに統合

予測的メール防衛の世界的リーダーであるVade Secureは、76ヵ国で10億のメールボックスを保護しています。主力製品であるVade Secure for Microsoft 365は、包括的で自動化された保護を攻撃の前後および最中に提供します。
10億のメールボックスから得た脅威情報をもとに培われたVade SecureのAIエンジンは、フィッシング、スピアフィッシング、マルウェア、ランサムウェアなどの未知の脅威や標的化された脅威を検出します。新たな攻撃が発生する都度対応するこのエンジンは、自らの誤検知からも学習し、ユーザーの受信ボックスに届くあらゆる脅威を即座に削除します。
Microsoft 365にネイティブに統合されるVade Secure for Microsoft 365は、従来のゲートウェイ型のセキュリティと異なり、外部に隔離する手間がなくなり管理の簡略化が図られることに加えて、MXレコードの変更も不要になり、わずか数回のクリックで設定が完了するため、ユーザーのメールフローが効率化されました。
さらに、このソリューションはMicrosoft 365が提供するレピュテーションおよびシグネチャによる防衛機能とネイティブに統合され、フィッシング、スピアフィッシング、マルウェア攻撃に対する最大限の保護を提供します。

VS for Microsoft 365

Vade Secure for Office 365は、ネイティブなユーザー体験とAIを備えた最高クラスの保護を提供します。Microsoft 365のAPIベースのアーキテクチャにより、ネイティブなメールフローを妨げることなくシームレスに統合されます。Microsoft 365 のメール保護機能であるEOPを置き換えるのではなく補強します。

AIを搭載した脅威検知

・メール内のURLをクリック時に追跡、内容と文脈を判断してフィッシングを防止
・スピアフィッシングのパターンや異常、行動をスキャン、警告を表示
・送信元、内容、文脈を総合的に分析、未知のマルウェアを検知
・特定されたフィッシングを即座に排除

容易な設定とメンテナンス

・数回のクリックで配備完了、MXレコードの変更不要
・使い慣れたMicrosoft 365同様のユーザー体験
・社内メッセージを含むメールフロー全体をスキャンする内部脅威対策
・Azure上で稼働するスケーラビリティとセキュリティ

お問合せ

Vade Secure製品のご購入・ご質問は、下記リンクよりフォームにご記入の上お問合せください。

ページトップ