fbpx

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ORACLE Communications

Oracleにおけるネットワーク技術のビジネスユニット

ラリー・エリソン、ボブ・マイナー、エド・オーツによって1977年に設立されたOracleは、RDBMS (リレーショナルデータベース管理システム) を提供するソフトウェアメーカーとして広く知られ、その後、2010年のSun Microsystemsをはじめ、さまざまな企業の買収によりポートフォリオを広げ、現在では企業のデジタルトラスフォーメーション (DX) を推進するテクノロジー・ソリューションを提供しています。
Oracleはデジタルトランスフォーメーションを推進するポートフォリオの一環としてネットワーク機器メーカーの買収を進め、2013年にSesson Border Controller (SBC)で知られるACME Packetを買収しました。さらには2018年、SD-WANで知られるTalari Networksを買収しました。Oracle Communicationsは、これらのネットワーク技術を提供し、Oracleが推進するデジタルトランスフォーメーション戦略を加速する、ネットワーク専門のビジネスユニットです。

Oracle E-SBC

Oracle Enterprise Session Border Controller (E-SBC)は、Microsoftのダイレクトルーティング認定を取得済みのSession Border Controllerです。音声ネットワークへのセキュリティを提供し、Microsoft Teams等のクラウドコミュニケーション基盤とIP電話の相互接続を実現します。

Oracle VME E-SBC

Oracle VME E-SBCは、Oracle E-SBCの仮想マシン版です。ESXi、KVM、OVM、Hyper-Vに対応するほか、AzureやOracle Cloud (OCI)からはMarket Placeから簡単に導入できます。

Oracle SD-WAN

Oracle SD-WANは、ネットワーク容量を増加させ、トラフィックの信頼性を向上、コスト削減しながら高品質のエクスペリエンスを提供し、企業のデジタルトランスフォーメーション戦略を加速します。

お問合せ

Oracle Communications製品のご購入・ご質問は、下記リンクよりフォームにご記入の上お問合せください。

ページトップ