Google for Education

G Suite による生産性の向上

icon-for-google-application-all
G Suite は、ユーザー間のリアルタイムコラボレーションを促進するアプリケーション スイートです。教育現場においては、包括的な生産性向上ツールスイートによって教師と生徒のより効果的な共同作業を実現します。
これらのツールを使用すると、既存のワークフローを妨げることなく、教師による学習機会の創出、管理業務の効率化、生徒の批判的思考力の育成が可能になります。G Suite for Education の各ツールは単独でも力を発揮しますが、組み合わせて使用すればさらに効果的です。
G Suite for Education は無料で学校に提供されています。
icon-for-google-application-01
Google Classroom と Google フォームでクラスを管理する
Google と米国内の教育者が協力して構築した Classroom は、教師による課題の管理をサポートするシンプルで使いやすいツールです。Google Classroom を利用すると、教師は仮想クラスの作成、課題の出題、成績とフィードバックの提供などを 1 か所で行えます。
Google フォームを使用すると、教師がフォーム、テスト、アンケートを作成、回収し、機械学習の機能を使って回答を分析できます。
icon-for-google-application-02
Google 管理コンソールと Google Vault で Google for Education を確実に管理する
Google 管理コンソールを使用すると、IT 管理者が生徒を学校のネットワークに追加したり、Chrome デバイスを管理したり、セキュリティや設定を構成して全ユーザーのデータの安全性を確保したりできます。
そのデータをどのように保管するかは学校にとって重要な問題です。Google Vault を使用すると、データの保持、記録保持、検索、書き出しを行い、データのアーカイブや電子情報開示のニーズに対応できます。たとえば、Gmail のアカウント、ドライブのファイル、さらにはグループやハングアウトのデータもアーカイブできます。
icon-for-google-application-03
Gmail と Google Hangouts Meet で教師、生徒、管理者のコミュニケーションを促進する
Gmail を使用すると、IT 管理者が学校や大学全体のメールシステムを構築して、教師と生徒が安全にメールをやり取りすることが可能になります。
Google Hangouts Meet を使用すると、安全なビデオ通話とメッセージ機能で学校外でも生徒とバーチャルでつながり、学習を支援できます。
icon-for-google-application-04
Google スプレッドシート、Google ドキュメント、Google スライドと Google ドライブで、教師、生徒、管理者がどこでも共同作業を行えるようにする
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを使用すると、教師と生徒がドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションでの共同作業やフィードバックのやり取りをリアルタイムで行えます。
作成した新しいファイルは、Google ドライブに保存して整理できます。課題、ドキュメント、クラスのカリキュラムを Google ドライブに安全に保管することで、どのデバイスからでもアクセスできます。
icon-for-google-application-05
Google Keep と Google カレンダーでタスクを簡単に管理する
Google Keep を使用すると、授業中にとったメモを分かりやすい場所に保管できます。カリキュラム計画からプロジェクトのチェックリストまで、教師や生徒が達成する必要があるタスクを整理しておくこともできます。
Google カレンダーを使用すると、教師が生徒や同僚とカレンダーを共有したり、共同カレンダーを作成したりして、スケジュールを簡単に管理できます。

Google Classroom

icon-for-google-application-06
教師は、貴重な時間の多くを教育以外の業務に費やしています。テストの採点のために早起きしたり、大量の課題プリントを回収して返却したりしなければなりません。しかし、今日のテクノロジーを使用すれば、そのような必要はなくなります。多くの教師や大学教授が、雑務に追われることなく、より良い教育を提供するために、テクノロジーを活用しています。Google は、教育者との緊密な協力の下、業務を簡略化して教育に専念するために使われているシステムの研究を重ねました。その結果、2014年に、教師が時間の節約、クラスの管理、生徒とのコミュニケーションを改善するのに役立つ Google Classroom がリリースされました。
Google Classroom は、教育ツールはシンプルで使いやすくなければならないという理念に基づいて、教師が教える時間と生徒が学ぶ時間を増やすように設計されています。
Classroom を使って教師と生徒ができることを以下に示します。
課題を作成、回収:
Classroom には Google ドキュメント、ドライブ、Gmail が組み込まれており、教師は課題の作成と回収をペーパーレスで行うことができます。また、生徒が課題を提出済みかどうかを容易に確認できるほか、個々の生徒に直接リアルタイムでフィードバックを返すことができます。

クラスのコミュニケーションを改善:
教師は生徒に対して、リアルタイムでお知らせを送ったり、質問を投げかけたり、コメントしたりできるので、クラスの内外でのコミュニケーションが向上します。

効果的に管理:
Classroom では、課題ごとや生徒ごとに、ドライブのフォルダが自動的に作成されます。生徒はアプリの課題ページで課題の期限をすぐに確認できます。

保護者に連絡:
教師は、概要説明メールを保護者と共有して、生徒の学習の進捗状況を伝えることができます。
Google は、生徒のプライバシー保護の重要性を認識しています。G Suite for Education の他のサービスと同様に、Classroom には広告が一切表示されず、クラスのコンテンツや生徒のデータが広告目的で使用されることもありません。Classroom は無料で学校に提供されています。
G Suite for Education お申し込み方法のご案内
これから G Suite for Education をお申込みされる教育機関のためのガイドとなります。
ご登録に際して、各ステップをご参照ください。
apply-01

G Suite for Education(https://goo.gl/xrvzJ9)にアクセス

qr-code
apply-02

教育委員会名もしくは学校名の入力

・貴校・貴所で提供している
 教育の種類を選択

apply-03

ウェブサイトの入力

・xxx.schoolname.com などの
 URLを記入
・生徒と教職員の数を選択

apply-04

国と電話番号の入力

・貴校の所在地(国)と
 電話番号の入力

apply-05

住所の入力

・貴校の郵便番号、都道府県、
 所在地詳細の入力

apply-06

メールアドレスを入力

・受信できるメールアドレスを入力

apply-07

ドメイン所有情報

・[使用できるドメインがある]
>既にドメインをご準備されている
 ドメインで G Suite for Education を
 ご利用する場合
・[ドメインを購入]
>新規でドメインを購入し、
 購入したドメインで
 G Suite for Education をご利用する場合

apply-08

ドメイン名を入力

・既にお持ちのドメインをご入力

apply-09

ドメイン名を確認

・使用するドメイン名を確認

apply-10

ログイン情報を入力

・管理者のメールアドレスを作成

apply-11

フィードバック

・Google より様々なお知らせなどの
 受け取りにご協力いただける場合
 は「OK」をクリック

apply-12

G Suite for Education
に関する学校同意書

・内容をご確認の上、
 「同意して続行」をクリック

apply-13

G Suite for Education
申し込み完了

・申し込みに関する入力の完了

ドメイン所有権の確認(*申請後の設定作業)
G Suite のご利用にあたり、ドメインの所有権確認をお願いしています。ドメインとは、ビジネスに関連した名前のついたオンライン上のアドレスです(例:[会社名].com)。ドメインの所有権を確認することで、そのドメインがオンライン サービスで不正使用されたり、メールが貴社からのものであるかのように偽装送信されたりするのを防ぐことができます。
注: G Suite のお申し込みにあわせてドメインをご購入いただいた場合、所有権の確認手続きは不要です。
所有権確認の概要
G Suite の設定の際、ウィザード画面に、ドメインの設定に使うー意の確認レコードが表示されます。ドメインホストにログインし、このレコードを追加してください。ご利用のホストがわからない場合は、ドメインホストを特定する手順をご覧ください。
レコードの追加が Google で確認されると、ドメインの所有権確認のお手続きは完了です。ドメインの所有権確認の詳しい手順を下記に示します。
所有権確認を開始する
ドメインの所有権確認には、TXTレコードのご利用をおすすめします。
なお、ドメインホストによって、TXTレコードの編集が許可されていない場合があります。その際は、次のいずれかの方法をお試しください。

・CNAMEレコードを追加する
・MXレコードを使って確認する
・ウェブサイト経由で確認する
サポートを得る
ドメインホストへのログインや確認レコードの追加に関して問題が発生する場合は、ドメインホストのサポートチームにお問い合わせください。
その他のご質問については、 G Suite サポートチームにお問い合わせください。お問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
G Suite for Education
へのアップグレード完了

ページトップ