fbpx

Ekahauと販売代理店契約を締結、製品取り扱いを開始

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長 & CEO:ティージェイ・トロージャン、以下「シネックスインフォテック」)は、Ekahau(本社:米国 バージニア州、 CEOMika Hakala、以下「エカハウ」)と販売代理店契約を締結し、新たにエカハウのネットワーク全製品の取り扱いを7月より開始いたします。

エカハウは、ほんの数分で現場のどこにワイヤレスネットワークの構築をすれば効果的かを可視化が出来る製品をご提供します。エカハウのソフトウェアおよびハードウェアは、全ての業種、事業、インフラ設備において規模、複雑さを問わず、ネットワークの配置時間を最小限におさえながら、ワイヤレス受信地域を十分に確保することにより、ワイヤレスネットワークを設計、管理することができます。

この販売代理店契約締結によって、シネックスインフォテックと契約がある販売店様は、エカハウの主力製品のEkahau Site Surveyを始め、Ekahau Sidekick™を含む全製品の注文が可能となります。

今回の発表に伴い、エカハウのVice President Global Sales & MarketingJonathan Eisner様よりコメントを頂いております。「シネックスインフォテック株式会社と密接に協業することで、日本市場におけるリセラーやパートナー企業にWi-Fi設計、最適化および問題解決のための最も革新的なソリューションを提供できることを、心より喜ばしく思います」

シネックスインフォテックのプロダクトマネジメント部門 常務執行役員部門長である神山昌樹は「シネックスインフォテックは、エカハウとのビジネスを米国本社と同様に日本でもスタートできることを喜ばしく思います。企業内でのWi-Fiの利用のみならず、文教市場・公共市場においてWi-Fi利用は大きく伸長することが予想されています。

エカハウの優れたソリューションを活用することで、販売パートナーの皆様が更なる付加価値ソリューションの開発とサービスの向上を実現されるよう活動していきたいと考えます。」と述べております。

■Ekahau Site Survey概要

アクセスポイントの電波強度を可視化するアンドロイドアプリです。パソコン、タブレット、携帯電話で使用が可能、現場のWifi環境を別の場所にいながら確認ができ、簡単かつ効果的なトラブルシューティングが可能です。

 

 

■Ekahau Sidekick概要

デバイスに繋いでソフトウエアを起動させることにより、複数の計測地点でワイヤレスネットワークの計測を高速で行い、最高クラスのスペクトラム解析が可視化できる、持ち運び可能な装置です。

 

 

 

エカハウに関して

エカハウは米国バージニア州レストンに本社を置き、企業のワイヤレスネットワーク設計およびトラブルシューティングにおいて、ソリューションを提供するグローバル企業です。顧客数は15,000社以上を誇り、その内の30%が米国Fortune500社にランキングしています。

シネックスインフォテック株式会社に関して

シネックスインフォテック株式会社は、米国にて1980年に創立され2017年度には連結売上高170億ドルを計上し、全世界26ヵ国で110,000人以上の従業員が勤務する、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供するSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

 

お問い合わせ先

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスインフォテック株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail :
 pr@synnexinfotec.co.jp  

TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

 

※各社の社名・製品名は各社の商標です。

 


ページトップ