fbpx

シトリックスの仮想化サービス「CVAD(シーバッド)Standard for Azure」を デバイスとセットで提供

~シネックスが中堅・中小企業向けにテレワーク移行時のコスト、セキュリティ課題に対応~
シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社の提供する「Citrix Virtual Apps and Desktops standard (CVAD Standard) for Azure (※)」に、Microsoft Surface / Chromebook™等のハードウェアおよびサポートとあわせた パッケージサービスを、本日422()よりチャネルパートナー経由で提供開始する旨発表いたします。  ※注  Microsoft Azure
詳細を見る

新型コロナウイルス対策としてテレワークの有用性と必要性がいわれるようになって久しいですが、公共交通機関で通勤時間帯にラッシュが発生する等、テレワーク未導入の企業は今も各所に多くみられます。

一方、テレワーク移行時の課題として挙げられるネットワーク環境整備、PC・スマホ等機器確保・情報漏洩リスクに効果的なテレワーク実現手段として、仮想デスクトップ(VDI)が検討されることも少なくありませんが、VDI導入・運用にはコストと工数を要することから中小・中堅企業にとっては敷居が高い点も事実です。

しかしながら、上記のような背景を受け中小・中堅企業がテレワーク移行をあきらめることは、緊急事態宣言時もやむなくオフィス出勤せざるを得ないビジネスマンを増加させ、コロナ感染拡大にとっても影響を与えかねません。

そこで、かねてよりMicrosoft Azureの導入支援経験を豊富に持つシネックスジャパンが、Microsoft Surface、Google Chromebook 等のデバイスと、「Citrix Virtual Apps and Desktops StandardCVAD Standardfor Azure」とをあわせてパッケージ化したサービスを提供することとなりました。


今回の発表に際し、シネックスジャパン 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰は以下のように述べています。
“この度、シトリックス様のデバイスアズアサービス提供開始ができるようになったことを大変嬉しく思います。
弊社は従来よりチャネルパートナー様を経由し、SMBの企業様にMicrosoft Azureを活用したシステムの提供を数多く行ってきた実績がありますが、最初からフルクラウドへの移行が難しいケースも頻繁にお伺いしております。

今回のCVADパッケージサービス提供開始により、シトリックス様のデバイスアズアサービスに加えたパッケージで、各企業様のニーズに合わせた柔軟な形で、手軽にクラウドシフトをベースにしたテレワーク導入が実現できるようになります。
その結果が、多くのビジネスマンの方々の通勤不安払しょくと、社会不安抑制につながればと願っております“


シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 パートナー営業本部 本部長  本田 匡史氏は、以下のように述べています。
“シトリックス・システムズ・ジャパンは、シネックスジャパン様による「仮想化パッケージサービス」の提供開始を⼼より歓迎いたします。 テレワークという選択肢が新しい働き方のスタンダードとして定着する中、企業様にとって生産性を保つためには、安全で快適なPC環境の整備は急務となっています。

仮想デスクトップ環境導入の敷居を下げた本サービスにより  各企業様の置かれたテレワークの状況に合わせて、柔軟な形でクラウドシフトが可能となります。シトリックスは今後もシネックスジャパン様との協業を推進すると共に、企業様にとってより良いテレワーク環境の実現に貢献してまいります“


日本マイクロソフト株式会社パートナー事業本部  副事業本部長 業務執行役員 サービスパートナービジネス統括本部 統括本部長 近藤禎夫氏は以下のように述べています。
“日本マイクロソフトは、シネックスジャパン様とCitrix様との連携を心より歓迎いたします。
期待度の高い仮想デスクトップ(VDI)を、このCVADパッケージサービスと活用サポートをご提供いただくことで中堅中小企業様における働き方改革がより加速することを期待しています。
日本マイクロソフトはシネックスジャパン様とともに、これからもお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります“


今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。
賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。

シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2020年130位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、こちらをご参照ください。

【本件に関するお問い合わせ】
135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : pr@synnex.co.jp

※Microsoft、Azure、Surfaceは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。
©2021 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ