シネックスジャパン、デザインに定評のあるキーボード 「BRYDGE」の取扱いを開始

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

場所を選ばず利用可能なワイヤレスキーボードのiPad向け需要を見据え提供

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、デザインに定評のあるキーボードメーカー、Brydge Technologies, LLC(本社:Park City Co-CEO & FounderToby Mander-Jones、以下「Brydge  )と販売代理店契約の締結を完了し、「BRYDGE」のワイヤレスキーボードを、20211月中旬以降の販売開始とする旨、発表いたします。
今回の取扱い開始により、法人ユーザーはシネックスジャパンのチャネルパートナーを、個人ユーザーは量販店を通じて、国内のあらゆる場所で「BRYDGE」のキーボードを入手できるようになります。

シネックスジャパンのBRYDGE紹介ページはこちら
         (写真)タブレットがまるでノートPCのような一体感のあるデザインです。

昨今テレワークが主流になりつつあるなか、在宅勤務に留まらないテレワークとして、リモートワークやサテライトオフィスに移行する企業が増えています。

このような勤務場所を問わないワークスタイル支援ツールとして、組織・個人いずれからも、PCに劣らない性能のiPadをノートPC代替で利用して生産性向上を実現することが求められています。


iPadをノートPCのようにスムーズに業務に活用にするために欠かせない機器としてワイヤレスキーボードが挙げられますが、今回シネックスジャパンが取扱いを開始する「BRYDGE」のワイヤレスキーボードは、iPadとの完璧な結合を保証するiPad認証を取得しており、その高品質な点が評価され既に140か国以上で利用実績があります。

さらに、「BRYDGE」のワイヤレスキーボードは、組織のみならず個人の利用も多いiPadユーザーの多様な嗜好を考慮し、iPad各モデルのサイズ、色、デザイン、機能に合わせたが幅広いラインナップを提供しています。
iPadユーザーは「BRYDGE」のワイヤレスキーボードをiPadに取り付けるだけで、iPadをノートPCのように色々なシーンで活用できるようになります。

加えて、「BRYDGE」のワイヤレスキーボードはこのような利便性だけでなく、デザインに定評があります。記事掲載の写真のような色や質感のタブレットとの相性の良さによる美しさも、単なる利便性にとどまらず、iPadをスマートに利用したいユーザーの視点を汲んだものとなっています。
なお、「BRYDGE」のワイヤレスキーボードは、昨今ではSurface向けの製品ラインナップも拡充、個人・組織の新たなワークスタイル支援ツールとして今後のコラボレーション市場で、より一層存在感を増すことが期待されています。

 (写真) グッドデザイン賞を受賞。
今回の発表に際し、シネックスジャパン 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰は次のように述べています。

“シネックスジャパンは、今回の「BRYDGE」製品取扱い開始を大変嬉しく思います。当社は、社内でのワークスタイル変革に加え、各種のICTソリューションを提案・提供することでお客様のワークスタイル変革の支援をさせて頂いて参りました。

今回、当社が「BRYDGE」ワイヤレスキーボードを多くの組織や個人の方に提供できるようになったことで、これまで以上にお客様の多様なワークスタイル変革に寄与し、ひいては日本社会のダイバーシティ推進貢献にもつながることを願っております”

Brydgeの共同CEO兼創業者であるToby Mander-Jones氏は、次のように述べています。

Brydgeは、私たちの周りの世界とシームレスにつながることで、可能性を引き出し、自由を可能にすると信じています。革新的なテクノロジーと見事なデザインを通じて、究極の生産性を生み出すことを目指しています。
当社は、グッドデザイン賞GOOD DESIGN Awards2020年&2016年)、Red Dot Design Awards2019年&2016年)、CES Innovation Awards2019年&2016年)を受賞し、市場をリードするタブレットキーボードの1つとして認められています。
シネックスジャパンと提携し、日本のユーザーにiPadSurfaceのキーボードをお届けできることを嬉しく思っています“

今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。
賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。


シネックスジャパンについて

シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。

シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2020年130位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、https://fortune.com/company/synnex/fortune500/ をご参照ください。

 

Brydge Technologies, LLCについて

Brydgeは米国カリフォルニア州で生まれ、シンガポールで育ち、現在は米国ユタ州のパークシティに拠点を置くキーボードメーカーです。

2012年、Brydge設立当初の哲学はシンプルでした。

iPadは美しい。キーボードも美しくあるべきだ。」

8年経過した今日までにBrydgeは、世界で75万台以上を販売、現在、世界140カ国以上の国と6,000以上の販売店で提供されるまでになりました。

ニッチなブランドから、タブレットの機能性とラップトップの生産性を兼ね備える、プレミアムタブレットとデスクトップアクセサリーの世界的リーダーへと成長した経緯には、高品質で革新的、デザインに焦点を当てた製品を作ることで、ユーザーの #GoDoMore の実現にあります。

Brydgeは、品質、デザイン性、シンプルさ、使いやすさをもって、デジタルコンシューマーに最適な高品質の製品のご提供に100%コミットします。

 

【本件に関するお問い合わせ】

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスジャパン株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : 
pr@synnex.co.jp  

 

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

©2020 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ