fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

仮想基盤の更新やHCIの導入を検討する企業にむけた、 基盤構築サービスの提供を開始

インフラ構築エンジニアの不足に悩む販売パートナー様やユーザ様のシステム導入を支援

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、自治体・企業のITシステムにおいて仮想基盤の更新やHCI(ハイパーコンバージドインフラシステム)の導入が計画される中、実際の構築に携わるエンジニアの不足で悩まれているとの声が多いことから、販売パートナーやユーザ様企業とともに構築を実施する、基盤構築サービスの提供を、2019710日より開始致します。

今回提供する基盤構築サービスは、キッティングやラッキングといったハードウェア層のサービス、HCI初期構築、仮想サーバー構築、NWスイッチ構築といった基盤層のサービス、および仮想環境設計構築、仮想PC設計構築、といったプラットフォーム層のサービス、さらにはシステム移行(P2VV2V)、災害対策環境構築(DRディザスタリカバリ) VDI(仮想デスクトップ)環境構築といったソリューションサービスと、リモート接続による運用・監視サービスのメニューを用意しています。

 

<基盤構築サービスの構成イメージ>

 

基盤構築サービスの開始にあたり、日本ヒューレット・パッカード株式会社 取締役 常務執行役員パートナー営業統括本部長 西村 淳様よりコメントを頂戴しております。

「ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)は、シネックスジャパン様の基盤構築サービスの提供開始を心より歓迎致します。製品の提供にとどまらず、充実した構築サービスメニューが展開されることにより、HPEのディストリビュータとして独自のポジションを形成するとともに、HPE製品の販売が加速することを期待しています。」

 

シネックスジャパンは、グローバルハイブリッドディストリビュータとして、インフラ製品の提供だけでなく、今回発表した基盤構築サービスを加えることで、需要の増加している仮想化基盤の更新や、ITエンジニア不足に悩む自治体・企業において進むHCI(ハイパーコンバージドインフラシステム)の導入案件を中心に、ITライフサイクル全体に対応する包括的なソリューションを提供いたします。

 

シネックスジャパンについて

シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務する、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供するSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

 

本件に関するお問い合わせ

〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部

E-mail:pr@synnex.co.jp
TEL:03-5665-8511 / FAX:03-5665-8523

 

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

 

©2019 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ