fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

シネックスジャパンが Google for Education™ で 「Appreciation for Excellent Partnership in 2019」を受贈

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「one day合宿」セミナーなどの文教市場における様々な取り組みにより選出

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、20191125日(月)に  Google Japan.Inc にて開催された     “ Google for Education  – Partner Forum 2019 ”において、  Appreciation for Excellent Partnership in 2019”を受贈したことを発表いたします。

2019年6月国会で「学校教育の情報化の推進に関する法律」が全会一致で可決し、6月28日公布・施行され、学校のICT化が法律で義務付けられることとなり、様々な政府方針でも「端末の一人一台環境」に向けた一刻も早い環境整備に向けた必要性が打ち出されています。

上記の流れが起こる以前より、シネックスジャパンは文教市場における啓蒙活動に力を入れてきた経緯があります。

Google for Education については、教育関係者を対象に「 Google for Education one day合宿」と題したセミナーや、Google 認定教育者レベル1取得に向けての各種トレーニングを頻繁に開催し自社も含めて資格者増加に貢献するなどの様々な取り組みと実績を評価され、選出されました。

 

日本国内におけるシネックスジャパンの啓蒙・販売活動に加え、米国本社SYNNEX Corporationは、2014年の初めから Google for Education™ のチャネル戦略を構築し成長を続けており、これは教育市場における11台の端末から共有用の端末という Chromebook™ の確固たる地位を築くために非常に大きな力を発揮しております。シネックスジャパンでは、そのノウハウを活かし、引き続き Chromebook を使った教育ソリューションの啓蒙活動に邁進し、次世代を担う人材育成に適した環境を提供していきます。

 

シネックスジャパンについて

シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供する、米国フォーチュン500社※(2019年度158)に選ばれているSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

※Fortune 500ランキングについての詳細な情報は、http://www.fortune.comをご参照ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスジャパン株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail :
 pr@synnex.co.jp  

TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

 

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

 G Suite, Chrome OS, Google Hangouts Meet, Gmail, Google カレンダー および Chromebase は、Google LLC の登録商標または商標です。

©2019 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ