fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

シネックスジャパン、東京テレワーク推進センターとの連携を強化

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

デモ展示等でテレワーク普及推進活動に貢献

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、東京都と国がテレワーク普及推進を目的とし設置している「東京テレワーク推進センター」が進めるテレワーク活用に向けた支援活動について、デモ展示などで連携を強化する旨、発表いたします。

クラウドコミュニケーションツールやデバイスを中心に、様々なテレワークソリューションを提供する シネックスジャパンでは、自らもテレワークによる業務を行える企業制度を備えており、様々な場面、利用形態を想定したテレワークソリューション環境が整っています。

これにより、「生産性や営業効率の向上・顧客満足度の向上」「コスト削減」「非常災害時の事業継続」等の社会的な課題や自らの経営課題の解決を行う、サステナブルで先進的な企業を目指した活動を行っています。

このような実態面から、2019722日から96日まで実施された「テレワーク・デイズ2019では、テレワークソリューションを実施する「実施団体」として登録を行い、テレワークソリューションの提案を通じて企業のテレワーク導入の啓蒙・啓発・支援を行う「応援団体」としても登録を行いました。さらには、11月より開始されるテレワーク推進フォーラムが主唱するテレワーク普及推進運動「テレワーク月間」にも参加しています。

11月19日より「東京テレワーク推進センター」にて実施予定のテレワークソリューションのデモ展示環境は、様々な場所から最適なデバイスを最適な形態で活用し、場所や時間の制約に囚われないコミュニケーションを実現することで、全社的な労働時間の削減にとどまらず、部署間でもシームレスな情報共有を行い、意思決定を迅速にするソリューションです。

 

このようなソリューションを利用し、実際に多くの企業にテレワーク導入の効果を体験できる環境を提供することで、シネックスジャパンは「テレワーク・デイズ2019に続き、テレワークの普及・啓発に貢献します。

デモ環境の利用に際しては、「東京テレワーク推進センター」にて常時受付しているテレワーク体験ツアー https://tokyo-telework.jp/tourへの申込により、利用が可能です。

 

 

シネックスジャパンは、今後もグローバルハイブリッドディストリビュータとして、単なる製品の提供にとどまらず、クラウドを中心としたテレワークソリューションのように、企業・団体の皆様の経営課題の解決に結び付くソリューションを提案して参ります。

 

シネックスジャパンについて

シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供する、米国フォーチュン500社※(2019年度158)に選ばれているSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

※Fortune 500ランキングについての詳細な情報は、http://www.fortune.comをご参照ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスジャパン株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail :
 pr@synnex.co.jp  

TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

©2019 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ