fbpx
  • Facebookページ
  • Twitterページ

丸紅情報システムズがコンタクトセンター向け音声テキスト化サービス 「MSYS Omnis」にHPE ProLiantサーバーを採用

セキュアで高性能なクラウドAIサービス基盤を短納期・低予算で実現

シネックスジャパン株式会社(本社:東京  代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、丸紅情報システムズ株式会社(本社:東京 代表取締役社長:渡辺 亮一、以下「MSYS」)がクラウドAIサービス「MSYS Omnis(名称:エムシス オムニス 以下、「オムニス」)に、日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)の『HPE ProLiantサーバー』を採用した旨、発表いたします。

 

MSYSのクラウドAIサービス「オムニス」は、 Google™ がGoogle Cloud Platform™ で提供する音声認識精度の高い Google Cloud Speech-to-Text を利用し、MSYSがコールセンターでの利用シーンに合わせて独自にカスタマイズを施したアプリケーションで、従量課金制のクラウドサービスとして提供されています。

MSYSは、“「オムニス」に最適な高性能のサーバーを、短納期、低予算で導入したい”という多くのコールセンターのお客様ご要望に対し、それらの要望を満たす高性能のサーバーを速やかに採用する必要がありました

 

・導入ポイント

①最先端のセキュリティチップが搭載、かつ、豊富なラインナップ 

PBX(電話交換機)との検証、テストの実施による納入支援  

サーバーの最適納期の確保  

手厚いマーケティング支援

今回、「オムニス」のバックオフィス向けのシステム一部として『HPE ProLiantサーバー』が採用されたことで、サーバーからの音声ファイルはリアルタイムにアップロードされ、音声のテキスト化、要約、FAQのスムーズなデータ収集を実現できるようになりました。

MSYSのCRMソリューション事業本部スペシャリスト池田達郎氏からも、「POC(コンセプト実証)で検証後に本格導入を頂くケースも多く、お客様の満足度が高いシステムを提供できています。」と評価いただいています。

 

今回事例について、詳細は、こちらのURLからご覧ください

https://info.synnex.co.jp/l/427802/2019-10-03/2hqyrl

 

今回採用されたHPE ProLiant サーバーは、10/9() に六本木・東京ミッドタウンホールで開催される、シネックスジャパン主催「SYNNEX Inspire Japan 2018 Tokyo」にて、HPEブースで展示されます。

https://inspire.synnex.co.jp/exhibit/

シネックスジャパンについて

シネックスジャパン株式会社は、米国にて1980年に創立され2018年度には連結売上高200億ドルを計上し、全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供する、米国フォーチュン500社※(2018年度169)に選ばれているSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

※Fortune 500ランキングについての詳細な情報は、http://www.fortune.comをご参照ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスジャパン株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail :
 pr@synnex.co.jp  

TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

 

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。

Google および Google Cloud Platform は Google LLC の商標です。

 

©2019 SYNNEX Japan Corp.


ページトップ