中身チラ見せ

コロナ禍に伴うリモートワークの急速な普及は、企業ITの在り方を大きく変えました。2020年4月に初めて緊急事態宣言が発出された際、リモートワークの環境を整備するために多くの企業が既存のVPN機器を介したリモートアクセスの運用を始めました。

TD SYNNEXで開催したWebセミナー、「2021年は社内ITの“見直し&アップデート”から始めよう ~WVDで実現する、どこからでも社内と同じ環境を作り出す方法~」では、リモートワークの普及に伴い、急速に注目を高めているDaaS(Desktop as a Service)に関連し、数あるDaaSの中でもマイクロソフト純正のDaaSとして人気を集める「Windows Virtual Desktop (WVD)」を中心に、ハイブリッドクラウドを効率的に運用するための各種ソリューションについて解説しました。
※本資料は2021年1月28日開催のWebセミナーにて利用された講演内容(配布版)となります。

資料ダウンロード

ページトップ