fbpx

Leading

環境に優しい未来に向けて

SYNNEXでは、小さな行動が大きな変化を生み出す可能性があることを理解しています。 SYNNEXは、SYNNEXの施設を緑化させ、ビジネスパートナーのグリーンに対する取り組みを支援し、グリーンイノベーションを育成することによって、地球を次世代のためのより良い場所にするよう努めています。

環境に対する考え

SYNNEXは、環境の良好な管理者であり、持続可能な開発を達成するための役割と責任を認識し、受け入れています。 この役割を担うべくSYNNEXは、これに関連し適用されるすべての法的要件に遵守します。 これには、再利用、リサイクルを通じて、エネルギーを含む天然資源の保全、 従業員、下請け業者、サプライヤー、地域パートナー全員の関与を通じた継続的な環境パフォーマンスの改善が含まれます。 環境への配慮を企業活動に結びつけ、従業員に環境への尊敬を促すために必要な知識、スキル、知識を提供します。

エネルギー消費と効率化

SYNNEXの施設において、CO2排出量、エネルギー使用量の削減、およびエネルギー効率化を改善する新しい方法を常に模索しています。 適用可能なすべての環境規制および法的要件を満たすこと以外にも、SYNNEXは、施設内の温室効果ガス排出を削減し、さまざまな廃棄物の削減、リサイクル、および汚染の削減を推進しています。

サプライチェーン

環境へのコミットメントを達成するためには、サプライチェーンマネジメントを含むSYNNEXのあらゆる側面にグリーン思考が浸透しなければなりません。 そのためSYNNEXは、サプライチェーンをより環境にやさしくし、顧客やステークホルダーの環境への期待に応えるための措置を続けています。 ISO14001認証は、組織とそのサプライチェーンが廃棄物を少なくし、エネルギー消費を削減し、流通効率を向上させるための1つの方法と考えています。

シネックスジャパン株式会社環境方針

基本理念

シネックスジャパン株式会社は、良き企業市民としての責任を自覚し、人間社会の繁栄との調和を図りながら、コンピュータ関連商品の販売、サービスの提供を行なうディストリビュータとして、健全な地球環境の保全へ向けて最善を尽くす。

基本方針

シネックスジャパン株式会社の活動における地球環境の保全に関する基本方針を以下の通り定める。

  1. 事業活動においては、常に環境への影響に配慮し、環境保全と汚染の予防等環境リスクの低減に努める。
  2. この環境方針の精神に沿い、環境目的および目標を設定したシネックスジャパン株式会社環境マネジメントシステムの充実と継続的改善に努める。
  3. この環境方針を全ての役員、社員、およびシネックスジャパン株式会社のために働く全ての人に周知するとともに一般にも公開する。

制定 2000年4月1日
最終改定 2016年12月1日
シネックスジャパン株式会社
代表取締役社長 國持 重隆

リユース・リサイクル

私たちの地球は、水の使用量と廃棄物を減らすことで私たちに恩恵をもたらします。 そのため、SYNNEXは常に、無駄なプラクティスを根絶し、副産物への新しい活路を見出すための、革新的な新しい方法を模索しています。
循環型社会の形成に向けた環境への取り組みの一環として、当社が提供しているIT機器の使用済み製品等について、当社では3R「廃棄物の発生抑制(reduce)、製品や部品等での再使用(reuse)、原材料としての再利用(recycle)」を推進しています。

2018年度の推進活動としては、社内で使用しているパソコンや液晶モニターなどのIT機器や、PBX・電話機等の通信機器まで様々な機器をリユース・リサイクルしています。

2018年~2019年度にかけては、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会で使用されるメダルを使用済み小型家電からリサイクルされた金属で製作するプロジェクトに参加協力することになりました。
社内で使用済みPHSのほか、従業員個人の携帯電話やスマートフォンなどの小型家電を回収して提供いたします。

リユースリサイクルの再生工程

リユースリサイクル工場

ECNexとは

ページトップ